2016年ストックホルム青少年水大賞(SJWP)国際コンテストに
山口県立山口高等学校 化学・生物部の3名が日本代表として参加しました 。

 

受賞活動複合的水質監視装置の開発とナミウズムシの生態
(「第18回日本水大賞・受賞活動集」よりPDFファイル

 

 今年のストックホルム青少年水大賞に参加したのは、山口県立山口高等学校 化学・生物部(M田尚輝君、原田 要君、松本久也君)の3名です。日本代表チームとして同行したのは、指導教諭の児玉先生、研究指導担当の国立環境研究所 山本室長、事務局を含めて総勢6名。
 残念ながら悲願のグランプリ獲得には至りませんでしたが、審査員の評価は非常に高かったようです。
 世界29カ国に及ぶ学生たちの交流は貴重な体験となり、自信となって今後の活動に生かされることでしょう。
 ※各国のファイナリストの紹介日本語翻訳版PDFファイル 542KB/英語版PDFファイル 908KB)

 
 
写真「カール・フィリップ王子と世界29カ国のファイナリストの皆さん」
カール・フィリップ王子と世界29カ国のファイナリストの皆さん
 

2016ストックホルム青少年水大賞・写真で紹介


 


 成田のホテルでプレゼン練習
 

行きも帰りもルフトハンザでドイツ経由
  

現地の公園で銅像に見守られながらプレゼン練習
事務局は黒子に徹します
 
  

生徒は他国の生徒と共同生活するホテルへ移動
 
 
      
いざ、審査会場へ!                          日本ブース完成! 
 
 
        
           いよいよ審査開始                      英語でのプレゼンテーションと質疑応答    
 
  
        
 かわいい模型に興味津々                      フルーツを食べながらひと休み
 
 
    
 原田 要 君                   松本久也 君                    M田尚輝 君
 
 

日本のブースは大人気でした!
 
 

最後の審査が終わって、ほっとした表情。お疲れさまでした
 

 
ストックホルム青少年水大賞授賞式

      
会場を盛り上げた歌とダンス
 

 

グランプリはタイ
 
 

準グランプリはメキシコ



日本は残念ながら受賞できませんでしたが、
審査員の評価は非常に高かったようです
 

 



白鳥と「はいチーズ!」

美味しいラーメン屋を発見

リンネ像の前で
 

お決まりのポーズで記念撮影!
 


みんなでダッシュ! 誰が勝つかな?

先生、お誕生日おめでとうございます!
 
 
来年参加されるのはあなたかもしれません!