多自然川づくりポイントブックIII」
中小河川に関する河道計画の技術基準;解説

写真「多自然川づくりポイントブックIII」

著者:多自然川づくり研究会
編集協力:国土交通省水管理・国土保全局
編集:公益財団法人 リバーフロント研究所
発行:公益社団法人 日本河川協会


A4判  270頁
 定価 (本体 2,315円+税)
(送料は協会負担


 「多自然川づくり研究会」では、国土交通省から通知された「多自然川づくり基本指針」及び 「中小河川に関する河道計画の技術基準について(平成20年)」(以下、「技術基準」という) の解説書として、多自然川づくりポイントブック(平成19年)、同ポイントブックII(平成20 年)をシリーズで作成してきました。
 ポイントブックIIIでは、技術基準改訂(平成22年)における「河岸・護岸・水際部の計画・設計について」に示された具体的な解説とともに、ポイントブックIIの内容に見直しを加え再編集することにより、この一冊で多自然川づくりにかかわる担当者が「河道計画の基本から水際部の計画・設計まで」の全体を理解できるよう工夫しています。

 本書のポイントは・・・

  1. 技術基準改定(平成22年)の要点である「河岸・護岸・水際部の計画・設計」について、 河岸防護と河川環境の総合的な視点から、自然環境を考慮した計画・設計のポイントや護岸の考え方について具体的な解説を行っています。
     
  2. 多自然川づくりの実現のためには、河道の平面・縦横断形の設定から河岸・護岸・水際部の計画・設計まで、一連で検討することが重要であるため、「ポイントブックII」 の内容をも取り込み、必要な見直しを加え再編集しています。
     
  3. 「技術基準」で通知された内容を具体的に解説するとともに、実際の現場で遭遇するであろうと想定される様々な状況に対して、通知の内容を適用する場合の工夫の仕方をモ デル計画集として例示し、担当者の方々の悩みに答えられるものとなっています。

ご案内チラシ(PDFファイル)

お申し込みは、こちらから