日本河川協会では、川や水辺に関心をもっている多くの仲間が各地で様々な活動をしています。現在13県で個人会員の会(組織)が設立され、次にご紹介する県組織およびサークルが活動しています。(未掲載もありますが、順次ご紹介していきます)
 全国の仲間と交流し、情報や意見の交換をする場にふるってご参加ください。


青 森
あおもりの川を愛する会(個人会員組織)
※青森県の個人会員組織
 あおもりの川を愛する会は、1998年に発足後いろいろな活動を通じて人と川との関わりについて考えてきました。
 川に関するワークショップ、討論会、講演等を定期的に開催して、各会員が川や水辺に関し興味を感じたことの議論を深め、意見交換を行っています。
 興味のある方はぜひ事務局までご連絡ください。
【事務局】  
住 所 〒030-0111
青森県青森市大字荒川字柴田102-1
TEL 017−729−0922
FAX 017−739−6684
担当者 今 広幸(こん ひろゆき)
URL  
E-mail
hiro715★r66.7-dj.com  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

青 森
堤川を愛する会
※青森県の個人会員組織「あおもりの川を愛する会」のサークルのひとつ
 堤川を愛する会は、「川と遊び、川に学び、少しは社会に貢献」を活動の基本方針として1998年発足しました。会員数は当初3名でしたが、今では15名まで増えました。
 毎年、堤川だけに限らずいろいろな川で、”遊び中心”の活動をしていますので、興味がある方はぜひご連絡ください。
【事務局】  
住 所 〒030-0111
青森県青森市大字荒川字柴田102-1
TEL 017−729−0922
FAX 017−739−6684
担当者 今 広幸(こん ひろゆき)
URL  
E-mail
hiro715★r66.7-dj.com  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

秋 田
あきた川の会(個人会員組織)
※秋田県の個人会員組織
 あきた川の会は、個人会員同志がお互いの情報交換と親睦を図り研鑽していこうと、平成16年4月に発足しました。意見を交換し、交流と知識を深めて活動につなげていくことで、河川文化の発展と安全で豊かな川づくりに貢献していきたいと思っています。
 研修会や見学会などを定期的に開催していきますので、興味をお持ちの方は、ぜひ事務局までご連絡下さい。
【事務局】  
住 所 〒010-0951
秋田市山王三丁目1-47 山王タイムビル2F
TEL 018−864−6069
FAX 018−864−6495
担当者 菅原 栄作(すがわら えいさく)
URL  
E-mail
sugawara★hansoku.co.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

栃 木
とちぎの川懇話会(個人会員組織)

※栃木県の個人会員組織
 平成12年に発足した本会は、栃木県内の川や水辺に関心を持っているものが集い、意見を交換することにより会員相互の交流を広げ、知識を深め、とちぎの川をより安全で親しみのある自然豊かな河川にするための提言を行い、もって川の文化の発展と公共の福祉の増進に貢献することを目的として活動している。
 活動内容は、総会および意見交換会、川の見識者による講演会、工事現場を主とした現地見学会の実施などである。

【事務局】  
住 所 〒320-8501
栃木県宇都宮市塙田1-1-20
  栃木県県土整備部河川課内
TEL 028−623−2445
FAX 028−623−2441
担当者 中島 健太
URL  
E-mail
nakajimak03★pref.tochigi.lg.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

埼 玉
彩の川研究会(個人会員組織)

※埼玉県の個人会員組織
 彩の川研究会は、埼玉県内の治水、利水及び河川文化を学習し、彩の川(埼玉県内の河川の意)づくりに寄与するとともに、会員相互の親睦を図ることを目的に平成11年5月に発足し、会員数は現在約220名です。
 会員は、埼玉県在住の公益社団法人日本河川協会員で構成されており、川にかかわる知識と経験豊富な会員の能力を活用し、毎年テーマを決めて、河川と人、自然、歴史の関わりなどについての調査研究や、各種河川施設の学習を行っています。調査結果は報告書としてまとめ、関係機関や県内図書館に寄贈し、県民の川への親しみや河川事業への理解を深めていただくよう努めております。
 平成25年度は 「埼玉県内の調節池等の役割と活用状況集」として、調節池51箇所、調整池119箇所 計170箇所、平成26年度は「埼玉の舟運と現在も残っている河岸の歴史」として、河岸場98箇所、渡し場153箇所、筏流し9箇所 計260箇所を調査し、報告書を取りまとめました。
 平成27年度に実施した調査は「埼玉の城址と川」です。
 埼玉県には、水攻めされた忍城のように、かつて低湿地だった水田の中などに城址があるほか、寄居町の鉢形城のように川と城を隣接して防御の役割を果たした城址もあります。低湿地や川が築城に関わったのは、平地に城が築城されるようになった中世から近世にかけてと考えられます。これらの城址と低湿地や河川との関係を調査し、一般県民に分かりやすく「川への親しみ」や「川へのかかわり」と「河川事業への理解」を醸成することができれば幸いです。

【事務局】  
住 所 〒338-0006
さいたま市中央区八王子3-14-6
TEL 090−7229−1934
FAX 048−853−3892
担当者 山口 文平
URL http://www.sainokawa.jp/
E-mail
bun.11★tbz.t-com.ne.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

千 葉
ちば河川交流会(個人会員組織)
※千葉県の個人会員組織
 ちば河川交流会は、多様な分野で活動し、千葉県内の河川や水辺のことについて関心をもっている者が集い、様々な話題を取り上げ、意見を交換するなど交流を広げるとともに知識を深め、川の文化の発展に貢献していくことを目的に平成11年3月6日設立されました。会員数は、174人(平成24年2月現在)です。
 主な事業は、次の3つの活動を行うことにしています。
   ①河川に係る個人相互の意見交換、交流活動
   ②河川に関する情報の提供及び知識の普及活動
   ③その他、会の目的に添った活動
 これらの事業を展開するサークル活動は、次の3つの会があります。
   ①「ちばの川を訪ねる会」
   ②「千葉県内の湧水・自噴井戸の調査研究会」
   ③「千葉県の川・水に関わる土木遺産調査研究グループ」
【事務局】  
住 所 〒 270-2253
千葉県松戸市日暮1-10-5
 株式会社 アイ・ティー・オー 内
TEL 047−389−9367
FAX 047−389−9395
担当者 伊藤
URL http://www.chibariver.net/
E-mail
ito-90★mrh.biglobe.ne.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

富 山
川や水辺を写し撮る会

※富山県の個人会員組織「”とやま”川の会」のサークル
 ”とやま”川の会では、会の具体的な活動の一環として、また、会員が気軽に集まり意見交換する場の提供を目的として、会員が中心となり川や水辺の自然および施設についてテーマ(民話・歴史・生活習慣・伝統工芸など)を定めて、文献調査や現地調査を行っています。そして、その結果をパネルや冊子に編集し、展示会や講演会などにおいて地域住民をはじめ県内外の方々に幅広く広報を行っています。
 これまでに行ってきた内容は、次のとおりです。
   ・「河床変動と人々と川とのかかわり」平成12年4月〜平成13年3月
   ・「河川の行事」平成13年4月〜
   ・「富山県における舟運の歴史」平成15年4月〜

【事務局】  
住 所 〒939-1567
富山県東砺波郡福野町1516
 ”とやま”川の会
TEL 0763−22−3538
FAX 0763−22−3538
担当者 有川 成正(ありかわ なりまさ)
URL  
E-mail
Arikawa★tonamikogyo.co.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

愛 知
愛知・川の会(個人会員組織)
※愛知県の個人会員組織
 愛知・川の会は日本河川協会の個人会員で「いい川」を目指して川に関する活動などをしている愛知県在住の方々の集まりです。106名の会員とともに30を超える活動団体と親睦・交流の活動をしています。
 2003年3月にNGOのリーダーたち16人の発起人の下、「活動のセンターとネットワーク」を目指して発足しました。以来、毎年の恒例行事として総会講演会、諸活動団体との現地交流会、活動発表交流会、行政懇談会、バスエクスカーションを行っています。その他、「第12回水シンポジウム2007 in あいち」における市民実行委員会の構成(2007年)、「多自然川づくりワークショップ」(2009年)、「水辺の生態系と外来種の駆除シンポ」(2010年)の全国の「いい川、いい川づくりワークショップ」への参加(毎年)など、行政、学会のほか、「川づくり会議三重」、近自然工法研究会、伊勢・三河湾流域ネットワーク、生物多様性フォーラムなど、諸団体や現地の河川活動団体との連携・協働をしています。
 また日本河川協会の行事「河川文化を語る会」では鷲谷いづみ先生には「川と氾濫原の生物多様性」(2009年)、また治水史跡探訪会に協力して大熊孝先生には「近代治水史と川の本質からみた治水のあり方」(2011年)、沖大幹先生には「川と水と国土の未来を考える」(2012年)と題する講演会を開催しました。2008年には創立5年の活動に対して河川功労賞をいただきました。
【事務局】  
住 所 〒488-0822
愛知県尾張旭市緑町緑ヶ丘100‐14 ,13−106
TEL 0561−54−5376(本守)  0561−83−2561(曽我)
FAX 0561−54−5376(本守)  0561−83−2561(曽我)
担当者 会長: 本守 眞人(もともり まさと) 事務局長:曽我 憲明(そが のりあき)
URL   
E-mail
m_tsuenren★ae.auone-net.jp
setocity.noriaki★zm.commufa.jp   ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

愛 知
治水史跡探訪会
※愛知県の個人会員組織「愛知・川の会」のサークル
 河川に関わる歴史に興味を持つ、愛知県在住の個人会員に、治水の史跡を訪ねて、昔の河川の出来事について思いを馳せ、お互いの意見交換の場を持とうと呼びかけて、平成11年に始まった活動です。
 探訪先は、愛知県の身近な河川が中心でしたが、中部地方だけでなく西は淀川、東は富士川までの大河川で、石碑や、かつて治水利水の努力が行われた場所へマイクロバスを仕立てて、3か月に1回程度(最近は6か月に1回)訪れています。現在36回を数えています。会員は50名ほど。
【事務局】  
住 所 〒457-0049
愛知県名古屋市南区北内町5−29
TEL 052−821−3625(安井)
FAX 052−821−3625
担当者 会長:稲塚 勝(いなづか まさる)
事務局:安井 雅彦(やすい まさひこ), 高山 重之(たかやま しげゆき)
URL  
E-mail
masahikomotive★yahoo.co.jp
chnbm350★yahoo.co.jp       ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

愛 知
近自然工法研究会
※愛知県の個人会員組織「愛知・川の会」のサークル
 「治水・利水と環境保全・創出を河川の持つ自然のダイナミクスを人間が利用して経済的に行なうこと」を、私たちは「近自然工法」と称しています。 
 これは欧州(特にスイス・チューリッヒ州、ドイツ・バイエルン州)で過去数十年にわたって盛んに行なわれてきている「河川の再活性化」工事に対する日本語訳です。私たちの研究会では近自然工法を学びながら、近い将来にはその実施をも視野に入れた活動を行なっています。
 最近は、なごや環境大学で自主講座を持っています。会員は20名ほど、行政、建設業、コンサルタント、学者など工法に携わる者。
【事務局】  
住 所 〒454-0962
愛知県名古屋市中川区戸田5-1213  株式会社山田組内
TEL 052−301−6121(山田)
FAX 052−303−2715
担当者 会長: 本守 眞人(もともり まさと) 事務局:山田 厚志(やまだ あつし)
URL http://kinshizen.sakura.ne.jp/
E-mail
m_tsuenren★ae.auone-net.jp
atsushi-y★yamadagumi.jp    ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

大 阪
大阪の河川(かわ)を愛する会(個人会員組織)

※大阪府の個人会員組織
 平成16年9月に大阪府のOB、現役職員の日本河川協会の個人会員(二種正会員)などが中心となり、全国で10番目の個人会員地方組織として、「大阪の河川を愛する会」が発足いたしました。
 本会は、身近なわが大阪の河川について、安全かつ快適で自然豊かな河川のあり方を探求し、河川に関する情報の交流と知識の普及・継承に努めることにより、河川文化の発展に寄与することを目的としています。
 河川はそれぞれ、その整備につきましても固有性や歴史性を有していますが、幅広い意見交換や議論を通じ、時代背景や思想を検証し、21世紀に残したい河川像を模索していきたいと考えています。先ずは自由で、柔軟な会の運営や活動基盤の整備を進めて参りたいと思っています。

■平成28年度
  平成28年6月  通常総会・講演会及び意見交換会(「危機管理(災害・事故)を語る」)
  平成28年11月  河川文化を語る会
             (「未来への記憶を呼び覚ます・・・
                文画人・堤楢次郎が記録した大正・昭和の水都・大阪の眺めから」
                                                 弘本由香里氏)
  平成28年12月  一級河川大和川水系飛鳥川の源流踏査

■平成27年度
  平成27年6月  通常総会・講演会及び意見交換会(「寝屋川水系改修工営所60年の歩み」)
  平成27年11月  河川文化を語る会
             (「飛鳥時代から生き続ける狭山池」植田隆司氏)
  平成27年12月  一級河川岡部川及び北部地下河川(讃良立坑)の源流踏査

■平成26年度
  平成26年6月  通常総会・講演会及び意見交換会(「最近の全国のダム事業」)
  平成26年9月  講演会及び意見交換会(「台風18号に伴うダム群の運用について」)
  平成26年11月  一級河川水瀬川の源流踏査
  平成27年1月   河川文化を語る会
             (「企業、公共両得の公共空間を利活用した都市ブランドの創出を目指して」
                   岡 智恵子氏)

■平成25年度
  平成25年 5月  日本河川協会 「河川功労賞」表彰式
  平成25年 6月  通常総会・講演会及び意見交換会
             (「南海東南海巨大地震に対する対応」 「河川の戦略的維持管理」)
  平成25年10月  一級河川穂谷川・天野川流域の源流踏査
  平成25年11月  河川文化を語る会
             (「描かれた淀川 ―イメージと実像のはざまで―」大澤研一 氏

■平成24年度
  平成24年 6月  通常総会・意見交換会(「津波時の施設操作、河川の維持管理」)
  平成24年11月  二級河川父鬼川の源流踏査
  平成24年11月  河川文化を語る会
             (「火と水の祭典 天神祭」岸本政夫 氏)
■平成23年度
  平成23年 6月  通常総会・講演会(「第2室戸台風などについて」上山堅義 氏)
  平成23年11月  一級河川淀川水系恩智川の源流踏査
  平成23年11月  河川文化を語る会
             (「東日本大震災の復興と共生社会の実現」室崎益輝 氏)
  平成24年 2月  河川環境管理財団派遣等の職員との意見交換会

■平成22年度
  平成22年 6月  通常総会・講演会(「韓国土木遺産と河川事情」田川勝一 氏 他)
  平成22年 9月  ダム技術センター・河川環境管理財団派遣職員との意見交換会
  平成22年11月  一級河川猪名川水系初谷川の源流踏査
  平成22年11月  河川文化を語る会
             (「古代と現代の治水 〜現代治水事業の原点をさぐる〜」小山田宏一 氏
■平成21年度
  平成21年 6月  通常総会・講演会(「都市計画法の中の河川」正木啓子 氏  4,692KB
  平成21年 8月  国土技術センター派遣等の職員との意見交換会
  平成21年11月  二級河川津田川・牛滝川の源流踏査
  平成21年11月  河川文化を語る会
             (「近世大阪の水辺景観とその後の変貌」増田 昇 氏
■平成20年度
  平成20年 5月   通常総会・講演会
             (「治水哲学の転換期」 近藤 徹 氏  1,004KB
             「箕面川治水ダム建設事業を振り返って」枡本匡央 氏  4,464KB
  平成20年 8月   ダムセンター派遣等の職員との意見交換会
  平成20年10月  一級河川大和川水系千早川の源流踏査
  平成20年11月  河川文化を語る会
             (「水質ワースト1から「遊べる川」へ
             〜貝塚市・近木川と子どもたちの12年〜」神吉紀世子 氏
■平成19年度
  平成19年 5月   通常総会・講演会
             (「大阪市内の高潮対策について」新池隆 氏  3,196KB
  平成19年 7月   ドイツ派遣者との意見交換会
  平成19年 9月  一級河川淀川水系寝屋川・天野川の源流踏査
  平成19年11月  河川文化を語る会
             (「水と古代文化 〜灌漑用水をいかに求めて来たか〜」工楽善通 氏
 
■平成18年度
  平成18年 4月   通常総会・講演会(「大東水害訴訟を顧みて」谷口光臣 氏 6,872KB
  平成18年 7月   JICAインドネシア及び新潟県への派遣者との意見交換会
  平成18年 9月   一級河川淀川水系下音羽川の源流踏査
  平成18年11月  河川文化を語る会
             (「観光立都と水辺 −集客・創造・交流−」橋爪紳也 氏
■平成17年度
  平成17年 4月   通常総会・講演会(「河川行政を回想する」金盛 弥 氏  4,442KB
  平成17年 7月   JICA中国派遣者との意見交換会(「中国治水治山人材見聞録」)
  平成17年 9月   二級河川大津川水系槇尾川の源流踏査
  平成17年11月  河川文化を語る会
             (「運河ネットワークのなかのイギリス」井野瀬久美惠 氏
■平成16年度
  平成16年11月  河川文化を語る会(「自然再生は、河川文化で」森下郁子 氏
  平成17年 1月  災害応援(福井、兵庫)派遣経験者との意見交換会

【事務局】  
住 所 〒540-8570
大阪市中央区大手前2丁目1番22号
 大阪府都市整備部河川室内
TEL 06−6943−7409
FAX 06−6949−3129
担当者  
URL  
E-mail
kasen★sbox.pref.osaka.lg.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

山 口
山口の川の歴史・土木遺産を探訪する会
※山口県の個人会員組織「やまぐち水辺交流会」のサークル
 山口県内の代表的な河川の流域内の歴史・文化遺産を調査し、会員や一般住民の方と一緒に現地を探訪することと併せて河川流域報告書を作成して、河川への愛着を深めて「人と川が共生できる」よう積極的な自然環境の保全を目的として活動しています。
 平成13年度には阿武川流域を3回にわたって延べ80数人が現地探訪を行い、平成14年度には厚東川流域を3回にわたって延べ200名で現地探訪を行いました。平成18年度には木屋川流域と粟川流域を実施しました。
【事務局】  
住 所  
TEL  
FAX  
担当者  
URL  
E-mail
 

徳 島
徳島の川づくりを考える会(個人会員組織)

※徳島県の個人会員組織
 安全かつ快適で、自然豊かな河川のあり方を探求し、徳島の川づくりを考えようと県職員のOBと現役が中心となって、平成24年11月に「徳島の川づくりを考える会」を設立しました。
  本会は、国や県等が実施する県内の河川に関するイベントへの参加や会員相互の交流を深めつつ、地道に活動を続けていきたいと考えています。
  現在、会員数は53名でありますが、徳島県内に在住または勤務する、河川協会二種正会員や、本会の目的に賛同し徳島の河川を愛する活動に参加できる方で、興味のある方は、入会金・会費は無料ですので、事務局までご連絡ください。

【事務局】  
住 所 〒770-8570
徳島県徳島市万代町1丁目1番地
 徳島県県土整備部河川整備課内
TEL 088−621−2570
FAX 088−621−2870
担当者 披田 毅 
URL  
E-mail
kasenseibika★pref.tokushima.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

愛 媛
えひめ川の会(個人会員組織)

※愛媛県の個人会員組織
 本会は、愛媛県内の川や水辺に関心を持っているものが集まり、気楽に意見を交換することにより相互の交流を広げ、知識を深め、愛媛の川をより安全で、親しみのある、自然豊かな環境を得ることを目指し、平成22年5月に設立しました。
  ボランティア精神のもと、「無理をせず、明るく、楽しく、あせらず」をモットーとして、ざっくばらんに意見を交換し、河川清掃等、楽しく参加できる会として活動しています。
  現在、会員数は少人数でありますが、休日に参加できる河川清掃や日本河川協会主催の講演会、河川愛護団体の講演会等へ参加しており、今後も河川愛護団体やNPO等の河川ボランティア団体の方々とも連携を図っていきたいと考えています。
  なお、現在会員を募集しており、愛媛県内に在住または勤務する河川協会二種正会員や、これから河川協会二種正会員になられる方または個人で、興味のある方は、入会金、会費は無料ですので、事務局までご連絡ください。

【事務局】  
住 所

〒790-8570
愛媛県松山市一番町4丁目4−2
  愛媛県土木部河川港湾局河川課内

TEL 089−912−2670
FAX 089−948−1475
担当者 高石 盛大(たかいし もりひろ)
URL  
E-mail
takaishi-morihiro★pref.ehime.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

福 岡
ふくおかの川と水の会(個人会員組織)

※福岡県の個人会員組織
 川や水に興味のある人たちが、自分たちも楽しみながら、少し福岡の川や水のことを考えようという趣旨で集まり、平成19年4月に発足いたしました。
 会員は、日本河川協会の会員を中心に、川や水にかかわってきた人たちや他の一般の方で、現在125名です。
 会の活動は、専門的なものより、だれでも気楽に参加できることを第一に考え、「川に学ぶ会」、「川にふれあう会」、「森を育てる会」の3つの部会で活動しております。
 「校歌パンフレット」や「河川流域風土資産マップ」の作成や展示説明会、川に関する現地見学会や「森林づくり」への参加、また、地域のボランティア団体との交流や講演会の開催等を行っています。

【事務局】  
住 所

〒812-8577
福岡県福岡市博多区東公園7番7号
 福岡県県土整備部 福岡県河川協会内

TEL 092−633−2826
FAX 092−643−3669
担当者 西田 直人(にしだ なおと)
URL  
E-mail
 

福 岡
川に学ぶ会

※福岡県の個人会員組織「ふくおかの川と水の会」のサークル
 福岡県下の公立小学校校歌の保存と川名のある校歌を題材とした「校歌パンフレット」を作成し、展示会、学習会などを行い、流域の視点から「川から学ぶ活動」を広げていくことで故郷や自然を愛する心を育てていくことを目的として、福岡県下756校の公立小学校を平成20〜24年の5ヶ年で県内全ての小学校の現地調査を行い、調査資料の取りまとめや編集作業を行い、市町の教育委員会には地域毎の校歌を収録した印刷物と県下全部の校歌を収録したCDを寄贈し、小学校にはCDを配布しました。また、一般の方々にも広く閲覧できるように図書館等に各地域の校歌を集めた分冊集一式とCDを寄贈してきました。
 平成25年度からは、身近にある川を「ふるさとの川」として地域住民に再認識してもらうことを目的に、川を中心に流域の「風土資産マップ」の作成し、流域の小学校への資料配布や市民センター等での展示説明会の開催などを行ってきています。平成25年に「御笠川」、平成26年に「多々良川」、平成27年に「紫川」、平成28年に「長峡川・今川・祓川」の「流域風土資産マップ」の作成を行っています。

【事務局】  
住 所

〒812-8577
福岡県福岡市博多区東公園7番7号
 福岡県県土整備部 福岡県河川協会内

TEL 092−633−2826
FAX 092−643−3669
担当者 西田 直人(にしだ なおと)
URL  
E-mail
 

福 岡
川にふれあう会

※福岡県の個人会員組織「ふくおかの川と水の会」のサークル
 川をより安全で親しみのある自然豊かな川にしていくために、会員や川と水辺に関心を持った人たちも含めて、知識の向上や交流を深めていくことを目的に現地で研修を行っています。
 平成19年の会の発足時からスタートし、最初に遠賀川の水辺空間整備の研修を遠賀川水辺館で実施して以来、毎年県内の主要な河川の河川整備等についての現地研修を実施しています。
 また、他県河川関係団体との交流も行っており、平成22年度に九県河川愛護団体交流会を福岡県で開催し、「筑後川発見館くるめウス」において、筑後川の整備の歴史や流域住民の川との深い関わり等の研修を行いました。平成23年からは、近年頻発する豪雨対策としての治水関連施設、福岡市雨水貯留施設や五ヶ山ダム建設事業の研修を行ってきています。

【事務局】  
住 所

〒812-8577
福岡県福岡市博多区東公園7番7号
 福岡県県土整備部 福岡県河川協会内

TEL 092−633−2826
FAX 092−643−3669
担当者 西田 直人(にしだ なおと)
URL  
E-mail
 

福 岡
森を育てる会

※福岡県の個人会員組織「ふくおかの川と水の会」のサークル
 森林は水源のかん養、国土の保全、地球温暖化の防止などの多面的な機能を発揮しています。
 川の水を育んでいるのも森林で、この保全増進のための活動は大変重要であることを認識して森を育てる会の活動を行ってきています。
 平成19年〜20年と太宰府市の国立博物館裏山での植樹祭の活動に参加したのをはじめに、新たに県内の植樹に関する情報を入手し、会員への参加を呼びかけています。
 さらに、平成19年から毎年開催されている福岡県・佐賀県・長崎県の九州北部3県主催による“九州北部三県みんなの森林(もり)づくり”にサークル活動の一環として参加してきています。

【事務局】  
住 所

〒812-8577
福岡県福岡市博多区東公園7番7号
 福岡県県土整備部 福岡県河川協会内

TEL 092−633−2826
FAX 092−643−3669
担当者 西田 直人(にしだ なおと)
URL  
E-mail
 

関 東
水源の会 (旧:川の水源に登るサークル)
 平成10年に日本河川協会の会員を中心に発足し、河川の水源部の自然や環境を学習しながら水源の山に登る活動をしていた「川の水源に登るサークル」は、第100回目の山行を区切りに平成26年解消し、同年「水源の会」として新たに発足しました。
 名称のとおり、河川の水源に関わる視察、研究、学習を中心にし ていますが、広く河川に関わる自然や歴史、構造物の視察、学習も行っており、 また初級、中級域の山岳にもフィールドを広げて活動しております。年間5〜6回程度の関東近郊の視察や、有志によるオプション視察を数回行います。
【事務局】  
住 所

〒175-0094
東京都板橋区成増3-15-12

TEL 070−3523−7887
FAX 03−3938−4410
担当者 中嶋 萬里子(なかじま まりこ)
URL  
E-mail
icc33804★nifty.com  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

関 東
多自然河川工事の現場施工研究サークル
 このサークルは近年河川工事で行われている多自然川づくりや、ビオトープ等の施工技術を取得する目的で結成し、平成10年度より主として埼玉県内の現場技術者を中心として活動をしています。
 主な活動は工事の施工方法・自然環境についての講義、他地域の現場見学会、自然観察会、伝統工法やビオトープ等の現場施工実習などを行っています。
 参加者は工事施工関係者や設計技術者の他、多自然川づくりに関心のある一般の人たちなどですが、興味のある方はどなたでも参加ができます。
  ただし、現在は都合により、活動を停止しています
【事務局】  
住 所

〒102-0083
東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F
 (日本河川協会 内)

TEL 03−3238−9771
FAX 03−3288−2426
担当者 出村 光雄(でむら みつお)
URL  
E-mail
 

関 東
利根川歴史研究会
 利根川歴史研究会は、河川技術者・河川に興味を持つ個人及び団体の参加を求め、利根川を中心とした河川の歴史を題材として、河川改修・利用に係わる技術・体制及び河川と地域社会・文化との係わりについて調査研究し、その結果を広く社会へ広報することを目的として活動しています。
【事務局】  
住 所 〒295-0014
千葉県南房総市千倉町川戸238-2
TEL 0470−44−4110
FAX 0470−44−4110
担当者 熊野 可文(くまの よしふみ)
URL  
E-mail
tonerekiken★able.ocn.ne.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。

関 東
日本のいい川・いい川づくり研究会
 日本のいい川・いい川づくり研究会は、河川管理者と全国の川や水辺で活動する市民・住民団体(NPO法人等)とによる協働で、いい川の保全、いい川づくりを実現する目的で設立しました。
  活動内容は、
  @“いい川”とはどんな川かの研修会の開催による、河川管理者やコンサルタントへの技術支援、住民への啓発
  Aいい川・いい川づくりワークショップを通した事例報告、情報交換とヒトの交流
  B市民・住民団体および青少年を対象とした、韓国市民との情報交換、研修会の実施
等を行います。
【事務局】  
住 所 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-20-14 神宮村301
TEL 03−3408−2466
FAX 03−5772−1608
担当者 堺 かなえ(さかい かなえ),山道 省三(やまみち しょうぞう)
URL  
E-mail
mizukan★mizukan.or.jp  ※「★」記号を半角「@に置き換えて下さい。